不妊治療は病院から~Drと一緒に妊活スタート~

医者

それでも子供がほしい

卵子を取り出して

女性

人工授精でも子供が授からなかった場合それでも子供がほしいときには体外受精などの高度医療を行って不妊治療を行うことになります。体外に取り出した卵子を用いて行う治療になり、高度な医療技術と整った設備が求められることから、専門の不妊治療施設でその治療が行われることになります。大阪でも人工授精で妊娠しなかった人が体外受精に望みを託して挑戦しておりその専門施設も大阪にはあります。この治療は自由診療になっていて高度な技術を利用することから費用はどーんと跳ね上がってきます。それに治療施設により一定の金額ではありませんから、治療内容や費用をきちんと調べて治療内容やその治療にかかる金額をよく調査してその治療に納得して行うことが大切になってきます。

顕微授精

体外受精を行うときには排卵誘発剤を使って多くの卵子を成熟させていきます。これに精子をふりかけて受精卵を作っていきます。そして細胞分割が良好な受精卵を子宮に移すことになります。体外受精は卵子と精子を培養液の中に入れて受精が起こるのを待つ方法ですがその時に精子は自分の力で卵子の透明帯を通り抜けないと受精することができず、卵子も精子が通り抜けやすい透明膜につつまれていないと受精が行われません。もし受精卵ができなかったときには、受精障害があるものと判断します。こんな時には受精を助けるためさらに高度な治療である顕微鏡を使用して精子と卵子を受精させてやり、受精卵を作るという方法がとられることになります。これを顕微授精と言って大阪でも体外受精ができない人が試している方法でこれにより多くの赤ちゃんが大阪で生まれており、今後も体外受精が困難な人にとっては使用される頻度が高くなってくる方法になります。