不妊治療は病院から~Drと一緒に妊活スタート~

医者

妊娠への近道

妊娠しやすい身体を作る

女性

不妊症とは避妊をしないで定期的に性交渉を行っているにも関わらず、妊娠に至らないことをいいます。妊娠に適しているといわれるのは、20代で30歳以降になると卵巣や子宮、卵管の老化が進み、妊娠しづらくなってしまうのです。現在では35歳を過ぎてから初めて出産することを高齢出産といいます。高齢出産には身体の様々な機能が低下し、妊娠・出産に対してリスクが高くなるといわれています。高齢で不妊を克服したい場合には、病院で検査や治療を受ける他に身体のケアを心がけることも大切です。それにはやはり冷えの改善があげられます。血流が悪いと冷えを招きますので、規則正しい生活をおこない、十分な質の良い睡眠をとりましょう。そしてストレスを溜めこまないこと、適度な運動をする・バランスの良い食生活を心がけることによって、妊娠しやすい身体を作ることができます。

メリットもたくさんある

数年前から晩婚化が進み、今後ますます高齢で不妊に悩むカップルが増加することが予測されます。高齢のカップルは20代のカップルと比較すると、自然妊娠するまで数年待つということが難しいものです。少しでも早く婦人科で不妊の検査・治療を始めると共に生活習慣を見直して、妊娠しやすい身体を作ることが妊娠への近道となります。高齢出産にはリスクがつきものですが、もちろんメリットもあります。精神的な余裕や経済的な余裕に加えて、最近では子宮がんのリスクが低下するともいわれています。また、女性ホルモンの増加により若返り効果も期待することができます。女性の社会進出に伴い高齢出産も珍しくない昨今ですが、正しい知識を持って日常生活を改善することでリスクは回避できることも知っておきたいものです。婦人科では高齢の方の不妊治療をサポートしてくれます。子どもが出来ないとあきらめムードな方も、まずは出来る努力を初めてみましょう。